斜面防災事業
斜面防災グループ
本社ビル3階
(東京都新宿区四谷2-10-3)
電話 : 03-3355-5100

高速飛来物バリア

特長

・ブレーキ装置(スパイラルブレーキ)の変形によりエネルギーを吸収し、アンカーヘッドの飛び出しの衝撃を緩和します。
・変形しながらエネルギーを吸収する柔構造物なので、ブレーキ装置用アンカーに作用する力を小さくできます。
・軽量で簡単に装着できます。
・アンカー維持管理の「一つのメニュー」としての新しい工法です。
・実物大実験とこれに基づく数値シミュレーションにより、アンカーヘッド捕捉の性能を実証しています。


適用範囲

・既設アンカーの破断による最大飛び出しエネルギー35kJまで対応可能です。
・ブレーキ装置の形状・数量を変えることで、異なったエネルギーレベルに対応でき、全5種類のタイプがあります。

標準構造

実物大実験

コンクリート型枠に設置したアンカー(緊張力:83.0kN)を切断し、ABOXXの能力を確認しています。

数値解析による検証

様々なエネルギーレベルに対応させるため、有限要素法による動的解析を実施しています。

※ご注文は5個より承ります。

PageTop▲